環境アートフェスティバル

先日、環境未来館の関さんより館内のご案内を頂き、当初は10点ほどを展示する予定でしたが、より多くのお客様に観て頂きたいと思い、鹿児島の陶芸家の岡村良寛さん、デザイナーの小川景一さんなど、ご多忙真っ只中の方々にもご無理をお願いし、植込みや玄関フロアーなど、館内外に40〜50点の展示をさせて頂きました。
ご協力頂いた芸術家の方々のセンスがまた抜群で、鹿児島らしい、凛々しい展示となりました。
約一ヶ月ほどの展示です。

皆様、本当にありがとうございました。

   
    
    
   

広告

鹿児島Whitegallery無事終了!

Whitegalleryでの個展は6年振りとなりましたが、「三坂さんの情熱に負けないように」と、今回もその時に有るものをその時に創る、自分なりのカタチ。 

そんな中、自分でも気に入ったものをズバリ!三坂さんは選び出してくれます。

結局、展示も値付けもすべてお任せ。そんな三坂さんの人柄もあって、沢山のお客には笑顔が絶えず、作品も喜んで頂きました。

最終日、三坂さんに夕食のすき焼きをご馳走になりながら、「俺はこの先どうなるのですかね〜」と言うと、奥様が「あんたが自分で選んだ道だからしょうがない。」と鹿児島弁で言われ、それもそうだとあらためて痛感しました。

ありがとうございました。

お世話になりました。
すき焼きの卵が双子になって良い事が有りそうな・・